1. TOP
  2. > MUSIC
  3. >COMEDY
  • MIXCD
  • ARTIST CD
  • VINIYL
  • GOODS / TICKET
  • DJ EQUIPMENT
  • RESERVE
  • 総合TOP
  • オンラインストア
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ

COMEDY

SALU

レーベル
TOY'S FACTORY  
JPN 
フォーマット
1CD 
ジャンル
JAPANESE  
カタログコード
TFCC-86472 
最新入荷日
2016/04/18 
商品名
COMEDY 
商品番号:
2000001064788
販売価格:
¥2,916(税込)
注文数

Comment

人の一生はまるで一本の映画のよう。 人がただひたすらに生きる様はまるで喜劇。
これは新世代ラッパーSALUがファーストアルバム 『IN MY SHOES』で思い描いた幻想の世界の中に入った後の物語である。

◆「情熱と冷静」、「体験と俯瞰」がせめぎあう多角的な視点から綴られる歌詞を、他の追随を許さない日本人離れしたリズム感と浮遊感のあるフロウから放つSALUの音楽は、聴くものの胸の奥を突き上げ、揺さぶる。また彼のLIVEパフォーマンスに、ある者は熱狂し、またある者は言葉を失う。その動揺は記憶から離れず、さらにSALUの世界の奥深くに誘われる。
◆『In My Shoes』のシーズン2ともいえる本作は、『In My Shoes』で描いた俯瞰で見た幻想の世界の中に入ることで描かれた作品だ。例えるなら、ヒューマンドラマあり、ラブストーリーあり、ホラーあり、サスペンスあり、SFありの短篇映画集のような、コンセプトアルバムになった。「人の一生はまるで一本の映画のよう(「WEEKEND」抜粋)。人が目の前の生活をただひたすらに生きる様はまるでコメディ。辛く悲しいこと(「MOON CHILD」)、幸せな時間(「SPACE BOY」、「GOODTIME」)、心の葛藤(「BREAK MY SHADOW」、「NEW BALANCE」)などは、当人にとってはいつでも真剣だが、他人から観測すれば面白く可笑しい。」と語るSALUが、今作のアルバムタイトルを『COMEDY』と名付けたことは意味深い。時には自分を追い込んでストイックに物事を考える性分であるSALUが、そんな自分をコメディアン(「COMEDY」)や鎮痛剤(「PAINKILLER」)になぞらえ、リリシストとしての宿命を背負う苦悩や悲哀、喜びをユーモアとウィットをもって伝えようとしているように感じられる本作はいまを生きる若者の気持ちを代弁し、その道標になる。不安に揺れる今の時代でさえ、SALUの詩情にくるまれて、美しく変容する。

=PROFILE=

1988年札幌生まれ、神奈川育ち。14歳で日本語でラップを書き始めた噂のニュータイプ、SALU(サル)。 札幌、神奈川藤沢、厚木、シンガポールなど、プライベートな事情もあって“根無し草” のように都市を渡り歩いてきたSALUだからこその観察力と洞察力で綴る情景豊かなリリックには独特の呼吸とライミングがあり、それによって生み出される浮遊感からその言葉は私達の心に素直に入ってくる。 HIP HOP/R&B界の新進気鋭のプロデューサーとして辣腕をふるい、KREVA、EXILE、西野カナ、少女時代などジャンルレスにヒット曲を提供するあのBACHLOGIC との宿命的な出会いによって彼の運命が動き始める。この時、BACHLOGICがSALUの才能に刺激され、レーベル“ONE YEAR WAR MUSIC” をつくってしまったという逸話は、同業者(アーティスト)の嫉妬も拍車をかけるかたちでシーンで話題になった。そのBACHLOGIC総指揮のもと、2012年3月にリリースされたファーストアルバム『In My Shoes』は、23歳にして得た濃厚な人生経験と、初期騒動に裏付けされたSALUが“In My Shoes(=僕の立場から)” から見た世界について歌った作品で、J-HIP HOPのフィールドでは異例のスマッシュヒットとなり、iTunes総合チャートでも1位を記録。また第5回CD ショップ大賞や2013スペースシャワーMVAにノミネートされる等、SALU旋風は目利きの関係者の間で語り草に。KREVAや、木村カエラなどさまざまな方面から絶賛され、ヘッズは勿論、2013年にはARABAKI ROCK FEST.13、ROCK IN JAPAN FESTIVAL2014、MTV ZUSHI FES 13、 SWEET LOVE SHOWER 2013、 Sunset Live 2013 等は夏フェスに出演し、これまでラップに興味がなかったロックリスナーをも熱狂させた。


特集ページはコチラ!!
 

Track List

  • 1 100th Monke
  • 2 New Balance
  • 3 東京ゾンビ
  • 4 Comedy
  • 5 BMS
  • 6 Goodtime
  • 7 Weekend
  • 8 ムーンチャイルド
  • 9 Spaceboy
  • 10 堕天使パジャマ
  • 11 Sphere
  • 12 Painkiller

Review レビューを書く

この商品についてのお客様のご意見、ご感想をお聞かせください。
レビューを書く

関連商品

Your Checked Items 最近チェックしたアイテム