1. TOP > 
  2. TONGKING TRIBE|DJ Juri Feat. Dabo
  • SALU
  • AKLO
  • AKLO
  • EVISBEATS
  • L-VOKAL
  • JAPANESE BEATMAKER
  • mPOT
  • 予約
  • Manhattan Records Ameba Blog
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • GO TO MOBILE
Tomgking Tribe / DJ Juri Feat.DABO

Tomgking Tribe / DJ Juri Feat.DABO
TRACKLIST
A1:Tongking Tribe
B1:Inst
B2:Accapella

Tongking Tribe
DJ Juri Feat.DABO
FO RECORDS / FEMOJ-001 / ¥1,575 (TAX IN)

「HIP HOPとダンスミュージックの融合」
クラブミュージック革命の第一章が遂に始動。


世界中の、あらゆる民族のビートが溢れる街、東京。そこに棲息し、世界中のビートを吸収、言葉を紡ぎ出す東京民族(TONKING TRIBE)。 DJ JURIの迸る和太鼓のリズムと、DABOの魂のライムが共鳴し、ここ東京でしか生まれない世界でただ一つ、新たなダンスミュージックが誕生。今まで出会うことがなかった両者が生み出す、奇跡の音の連鎖が体の奥からアナタの脳みそを直撃。和太鼓とシンセの音が日本人の魂を揺さぶる、中毒性200%の一曲!
NOW ON SALE!!
DJ JURI
DJ JURI
http://www.djjuri.com/

オリジナリティー溢れるパーカッシブなサウンド「太鼓DUB」というダンスミュージックのジャンルを産み出し、DJプレイ、ライブ、楽曲制作など様々な形で発表し続ける新進気鋭の女性アーティスト。独自の世界観を表現したライブ時には、和太鼓を自ら叩くことで、トライバルのリズムを刻み、多種多様なアーティストとコラボレートしてステージを創り上げる。世界各地のトライバル音楽と触れ合い、2008年にはオーストラリア政府より、日本とオーストラリアを音楽でつなぐ音楽親善大使に任命され、音楽を通じての国際親善に貢献。オーストラリア原住民であるアボリジニアーティストとのコラボレーションにより、伝統音楽を電子音と融合させクラブミュージックを制作。また翌年2009年には、海洋保全のプログラム「東京アクアリオxワンオーシャンプロジェクト」に参加し、モルディブ共和国より、伝統楽器「ボドベル」との楽曲をリクエストされ 現地でレコーティング。「Paradise of Maldives (パラダイス オヴ モルディヴ)」は音楽を通じて環境や文化を世界に伝えるイベントなどで披露され、モルディブ政府が音楽親善大使に任命する。オリジナル楽曲で自身の代表作でもある"Syamisen No Utage"は沖縄国際映画祭のオープニング曲に抜擢されたり、モスバーガー新商品のテレビCM楽曲を制作したりと、活躍の場はダンスフロアーに限らない。2010-独自のオリジナル楽曲を違った観点で発表するため、全国各地で活躍するクリエイターと全21曲のREMIXアルバムを発表。今までの活動で出会った、才能あふれるクリエイターたちと一緒に一味違う「太鼓DUB」を展開する。全国各地で本物の音楽を追求するクリエイターとの作品は、DJ JURIの世界観をより一層ふくらますものとなった。「Rhythm Beauty Theatre」という総合エンターテイメントの音楽プロデュースを担当し、オリジナルの楽曲にパフォーマンスアートの要素を組み込み、視覚的、体験的な音楽を披露する。また、世界的に認知されている音響ブランド"DENON"、世界NO1のシェアを誇るDJ GEARブランド"UDG"が、その実力を認め日本人では異例の海外サポート契約をするなど、その活動の舞台はグローバルな広がりを見せている。


DABO
DABO
http://ameblo.jp/dabo-blog/

DABO a.k.a. Mr.Fudatzkee
MC、社長、絵描き
“実力派”という表現もどこかチープに感じてしまうほど卓越したラップ・スキルの持ち主、DABO。 ソロとしてもアルバムが10万枚以上のヒットを記録したと同時に日本で最も人気と実力のあるHIPHOPグループ“NITRO MICROPHONE UNDERGROUND”の主要メンバーでもある彼はアンダーグラウンドHIPHOPのアーティストとしては異例の人気を手に入れた。 その才能は多くのアーティストにも認知されており、HIPHOP作品への客演はもちろんのこと、BOAやCHEMISTRYなどのメジャー・シーンで活躍するアーティストの作品にも参加しており、彼は日本で最も忙しいラッパーと呼べるであろう。


PAGE TOP